彼氏に「重い、別れよう」なんて言われて振られたら、もう復縁は絶望的なのでしょうか?

実は、そんなことはありません。

別れの原因になった重い言動を直せば、まだ復縁の可能性は十分にあります。

今回は、彼氏が彼女に対して「重い」と感じる言動をまとめ、その改善方法もご紹介します。

重いと言われて振られた彼氏と復縁したい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

彼氏が「重い」と感じる彼女の言動

①「ずっと一緒だよ」などと言う


「ずっと一緒だよ」と言われると、イコール「浮気や破局なんてありえない、許さない」「常に私に愛情を注ぎ続けてね」という束縛に感じてしまう人もいます。

記念日やここぞという時に一言伝えるくらいなら良いのですが、普段から「ずっと一緒だよ」と言われ続けるのは、彼氏にしてみればかなり重いものです。

お互いの事が好きで付き合っているのですから、わざわざ念を押して二人の関係を確認する必要はないのです。

最近好きって言われてないな、とか、デートの頻度が減っていて寂しいな、などと思うのであれば、ストレートにその気持ちを彼氏に伝えるべきです。

遠回しな言い方で彼氏を束縛するのは、重いと言われて振られる大きな原因になります。

②長文の手紙やメッセージをよく送る


大好きな彼氏に対しては伝えたいことがいっぱいある、だから手紙やメッセージはどうしても長文になってしまう。

こういう女性は多いと思いますが、メールやラインの長文というのは、読む方も結構大変ですし、長すぎる文章は重いと感じる男性が多いのです。

ましてや手書きの手紙で長文となると、重いに加えて引かれてしまう可能性も大です。

「私はこれだけあなたのことを愛しているんだから、あなたも私を愛してよ」と見せつけられているように感じてしまうのです。

彼氏に面と向かってだとうまく話せないから手紙やメッセージにしている、という女性もいるかも知れません。

でも、重くなりがちな長文よりは、直接笑顔で「ありがとう」などと伝えた方が、よっぽどあなたの愛情が彼氏に伝わりますよ。

③毎日電話やラインをしたがる


自然と毎日連絡を取り合っているだけなら良いのですが、「毎日電話orラインしようね」などとあなたから誘うのは、彼氏に重いと思われます。

付き合って間もない頃ならお互い楽しいですが、あまりにもしつこく誘われると、時間も取られるし話題もなくなり、面倒→しつこい→重い、となってしまうのです。

義務のようになると彼氏もイヤイヤになり、最後には重いと言われてしまいますので、”毎日”という縛りを自分から彼氏に提案するのはやめた方が無難です。

④服や髪形を彼氏の好みに合わせる


彼氏の方から毎回リクエストしてくるのなら構いませんが、ずっと前に言っていた彼氏の好みにずっと執着するのは少し危険です。

何でもかんでも元彼の好みに合わせていると、依存されている=重いという印象になってしまいます。

特に、「〇〇(彼氏)が好きだって言ってたから、こんな感じにしてみたよ」という風に自分から彼氏にアピールをするのは、かなり重いです。

彼氏に好かれたい気持ちもわかりますが、頼まれてもいないのにあまりにも頑張りすぎてしまうと、彼氏の方はそれを重く感じてしまうのです。

⑤ラインの返信が少しでも遅いと催促する


「彼氏からラインの返信が1日来ないなんてありえない。すぐに催促のラインを送ってしまう。」という人は、彼氏から重いと思われている可能性がかなり高いです。

未読無視や既読無視の時間を細かくチェックしたり、彼氏から返信が来るまで常にスマホを片手にソワソワ…なんて人は、彼氏にかなり依存しています。

彼氏にも仕事ややるべきことがありますし、24時間体制であなたのラインに返信できるワケではありません。

そういった彼氏の都合を考えずに、ただ自分の感情にまかせて行動してしまうと、彼氏に迷惑がかかったり重いと思われてしまうのです。

「重い」が理由で振られた彼氏と復縁するには?

彼氏に「重い」と言われて振られた人達には、主に2つの共通点があります。

その2つを改善する事で、また彼氏を振り向かせることが可能になりますので、1つずつ解説していきます。

彼氏に依存し過ぎるのをやめる

彼氏に「重い」と言われて振られた人は、彼氏が自分の生活の中心になってしまっている傾向があります。

服や髪形も自分の好みより彼氏の好みに合わせたり、電話やラインで彼氏といつも繋がっていたいなど、いつでも彼氏のことばかり考えている傾向があります。

そうではなくて、彼氏に頼らず自立することが、彼を振り向かせ復縁するために必要な事です。

彼氏のことも大切にするけど、それ以外にも自分の趣味や友達付き合いも充実させ、彼氏と離れている間も自分の気持ちを満たせるようにしましょう。

自分のメンタルをコントロールできず、精神的に彼氏に依存してしまうと、「重い」と感じた彼氏はあなたから離れていってしまうのです。

彼氏に愛情を求め過ぎない

彼氏に「重い」と言われて振られた人達のもう一つの共通点は、「彼氏の愛情が常に確認できないと耐えられない」というものです。

・常に彼氏から愛されていることを実感したがる
・ラインの返信が遅ければ催促をしてしまう
・直接「好き」と言ってもらえないとすごく不安になる

 

この場合は、「愛情表現の方法は電話やラインだけではない」と理解することが必要です。

あなたが不安になるたびに彼氏から「好きだよ」と言ってあげなければいけない、というのは大変なことですし、彼氏にとってかなり重荷になります。

そうではなくて、彼氏のことを信じて待ち、焦らず少しずつ二人の関係を深めていけば良いのです。

あなたが彼氏の事を本当に好きなら、目に見えなくても彼の愛情を信じて受け止める事ができるハズです。

まとめ

彼氏に「重い」と言われて振られたとしても、彼との関係を諦める必要はありません。

その「重い」と思われた言動を直し、また彼にアプローチをすれば、あなたの事を見直してくれます。

今のあなたの状況に合った復縁ノウハウを実践すれば、現状を改善する事は必ずできますよ。