自分から勇気を出して「復縁したい」と告白したのに、元彼が何も言ってくれない。

そんな時、元彼が何を考えているのか、気になりますよね。

・「復縁はない」という意味で何も言ってくれないのか?
・何か別の事情があって返信してくれないのか?
・いずれにしてもどうして無視するのか?

元彼から何も言ってくれなかったら、わからないことだらけですよね。

そこで、実際の復縁体験談をもとに、よくあるパターン別に元彼の気持ちを分析してみました。

1.復縁告白以外のメッセージも無視されている場合


これは、復縁告白をする前から、元彼があなたのメールやラインに返信をしてくれなかったというパターンです。

何度連絡しても返信がないという事は、元彼の気持ちとしては、「別れたばかりの相手とは少し距離を置きたい」「まだ気持ちの整理がつかない」といった心境でしょう。

この場合は、かなり元彼の気持ちが離れてしまっていますので、すぐに復縁できる確率は低いです。

「こちらから色々と連絡したし、復縁告白までしたのに何も言ってくれないなんて…」と思うかも知れませんが、これ以上あなたから連絡を取ると、「しつこい」「面倒」と元彼に思われてしまいます。

そうなると、ますます元彼から復縁の気持ちがなくなってしまいます。

そうならないために、今は元彼の反応がなくても、少し様子見をする期間を取った方が良いでしょう。

2.復縁告白のメッセージだけ無視されている場合


別れた後、元彼と全然連絡が取れないワケではないけど、思い切って「復縁したい」と告白をしたら、その件には返信がない、というパターンですね。

この時の元彼の気持ちとしては、「もう完全に復縁がない、というワケじゃないけど、やっぱり一回別れたことは事実だし、復縁するべきかどうか迷うな…」といった感じでしょう。

もし、もう彼の中で「復縁はない」と決まっていれば、ストレートに断られるハズですよね。

また、「もうこの子とは縁を切りたい・面倒だから自然消滅したい」と思っているのであれば、そもそもあなたのメッセージに一切返信をしないハズです。

そうではなく、復縁告白に対してのみ元彼が何も言ってくれないのであれば、彼はまだ気持ちが固まっておらず、どうすればイイか決めかねているという事です。

この場合も、焦ってあなたから続けて催促のメッセージを送るのはNGです。

悩んでいる元彼の気持ちを汲み取ってあげて、彼が答えを出してくれる(返信をくれる)までじっと待ちましょう。

3.普段から返信が遅かったりなかったりする場合


いつも返信が遅めで、時々返信がないこともある元彼の場合は、忙しかったり返信自体をうっかり忘れているだけの可能性があります。

男性の中には、メールやライン・SNSのメッセージをあまり頻繁にチェックしない人も多いのです。

反対に女性は、返信や未読・既読無視に敏感な人が多く、男性から少し返信が来ないだけですごく落ち込んでしまう人をよく見かけます。

でも、わざとでなく返信が遅くなったり忘れてしまう男性もいるので、元彼がマメに返信をする人だったかどうか思い返してみると良いでしょう。

それと、お盆やお正月・大型連休中・月末や年度末などは、出かけていたり慌ただしくて返信している暇がなかった、ケースも多いものです。

そういうタイミングで復縁告白をして返事がない場合は、すぐ落ち込むのではなく、「時期的にちょうど忙しいのかな?」という風に元彼の予定を気にしてあげましょう。

 

このように、復縁告白をしたのに元彼が何も言ってくれない時でも、元彼の心境はさまざまなんです。

告白したのに無視された=もう復縁はないんだ…と落ち込みたくなる気持ちもわかります。

でも、少し冷静になって元彼の気持ちや状況を考えてみると、まだ復縁の可能性が残っていることも十分あるのです。

あなたも元彼との復縁を望んでいるなら、ぜひ今回の内容を参考にしてみて下さいね。