ダッチオーブン料理が美味! PowerShot S120と楽しむ、紅葉キャンプ
今回PowerShot S120を手に向かったのは、軽井沢にあるキャンプ場。雪と戯れ、薪ストーブのあるコテージに宿泊する極楽冬キャンプを体験!

文◎菅 明美 Text by Akemi Kan
写真◎見城 了 Photo by Ryo Kenjo

PowerShot S120とは?

キヤノンの高機能なコンパクトデジタルカメラ。F1.8レンズを搭載した世界最薄(*)ボディで、アクティブな動きにも強い。これがあれば、素人には難しい雪景色もきれいに撮影できる。

*F1.8以下のレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラの厚さにおいて(CIPA準拠)。2013年8月18日現在(キヤノン調べ)。

キヤノン オフィシャルサイト 製品情報ページ

大自然の中に佇むコテージに到着

今回は大人キャンプらしく、各々の車で現地集合。車から雪山装備と今夜の料理の材料を取り出し、遊ぶ準備は万全!

情緒ある冬の自然を撮影

真っ白な雪景色の中に彩りを加える小さな木の実。この季節だからこそ見られる自然の美しい姿に心も洗われる。

スノーブーツを履いて森の散策へ

スノーシューとポールは現地でレンタルできるので、身軽なスタイルで3万坪もある広いキャンプ場をお散歩。

散歩途中に小川を発見!

スノーシューをする場所へ向かう森の中で撮影会の始まり。雪を被った木々や澄んだ川は、この季節の最高の被写体だ。

PworShit S120でこんな写真が撮れました

通常モードだと暗く写ってしまう銀世界も、スノーモードにしておけばクリアで明るく!

誰もいないフィールドをスノーシューで歩く

夏は緑が生い茂る多目的広場が、この時期は真っ白な絨毯に変身! 誰もいないふわふわの雪の上を仲間だけで楽しむ。

雪ではしゃぐ、遊ぶ、転ぶ!

カメラはコンパクトでポケットにもすっぽり入る大きさだから、持ち運びにもストレスなし。思う存分雪と戯れられる!

目の前にそびえる浅間山を撮影

フィールドの向こう側には、真っ白く雪化粧した浅間山が見えた。その雄大な姿にシャッターを押す手にも力が入る。


薪ストーブでキャンプ料理を作る

今晩のメニューはパーティにもぴったりなピザと体温まるトマトスープで決まり。ピザは生地から挑戦!

こだわりのピザをいよいよ薪の中へ

それぞれに好きな具材を乗せて、早速薪ストーブの中へ。わずか3分程度で焼けるから、何枚でも作れてしまう。

夜のコテージで楽しい団らんの時間

コテージ宿泊の楽しみといえば、薪ストーブとおいしい料理を囲んでのリラックスタイム。ゴロンと寝転ぶのも最高!

キャンプで役に立つPowerShot S120の便利機能

カメラの水平位置を確認できる「水準器」

辺り一面が銀世界となる冬のキャンプ場では、視覚のバランスも崩れてしまう。「水準器」を液晶モニター上に表示しておけば、安定した構図を作ることが可能だ。

「スノーモード」で
雪景色もOK!

雪景色の中では、雪の白色が太陽光を反射するため撮影するのが難しいと言われる。でも、スノーモードにすれば、被写体も明るく自然な色合いで撮影することができる。

今回訪れた所

北軽井沢にあるキャンプ場。浅間高原に広がる3万坪の敷地内には、森や草原、小川があり、さまざまなタイプの宿泊施設の中でクッキングストーブを楽しむことができる。今回使用したのは、本格薪ストーブが体験できる「ノースランドコテージ」

キャンプ部たるもの、毎回使う炭にも詳しくなければ! ということで、スイートグラスで販売する炭を作っている現場を見学。炭は5日ほど釜で焼いてできあがるそうで、かなり手間隙かけられている。ちなみにスイートグラスではナラの炭を使用。ナラの木は火持ちもよく、料理もおいしくできあがる。