ティピキャンプで非日常の世界へ
ひと足早く春を感じながら、今回PowerShot S120と向かったのは伊豆の海辺にあるキャンプ場。始めてのティピキャンプに挑戦しました。

文◎菅 明美 Text by Akemi Kan
写真◎見城 了 Photo by Ryo Kenjo

PowerShot S120とは?

キヤノンの高機能なコンパクトデジタルカメラ。F1.8レンズを搭載した世界最薄(*)ボディで、持ち運びも楽々。モード設定が多彩で、キャンプシーンをより魅力的に撮影できる。

*F1.8以下のレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラの厚さにおいて(CIPA準拠)。2013年8月18日現在(キヤノン調べ)。

キヤノン オフィシャルサイト 製品情報ページ

PowerShotを自分らしくカスタマイズ!

名前やメッセージをボディに刻印したり、好きなカラーパーツを選んで、自分だけの特別なPowerShotを手に入れるチャンス!オンラインショップ限定で数量限定発売中です! キヤノン オンラインショップ

海辺と言えばやっぱり海の幸!

海辺ステイということで、キャンプ場へ行く前に海鮮直売所へ立ち寄り。伊豆と言えば金目鯛!これはおいしい料理ができそう。

まずは大きな骨組み作りからスタート

完成したティピは見たことあるけど、自分の手で設営するのは始めて。吉田さんの指示を仰ぎながら、みんなで協力して組み立てます。

まるで家のようなティピテント

インディアン達が家として使っているだけあって、その構造は、普通のテントと比べて複雑。でもその甲斐あって、野外でも自宅のように快適に過ごせるのだ。

今晩の料理の仕込みを開始!

男性達がティピ設営をしている間に夜の料理の準備を。今晩のメニューは、先ほど直売所で購入した金目鯛を使ったアクアパッツァ。

ティピが完成!みんなで記念写真

1時間程度かけて、ついにティピが完成。友達に自慢できるティピテントを前に全員で記念撮影を。三脚を立てて準備は万全。セルフシャッターで最高の一枚を狙う。

0~15、20、25、30秒と細かく設定できるセルフタイマー機能を使えば、ジャンプを始めいろいろなポーズが撮れる!

夕方はのんびりと真っ白なビーチを散歩

キャンプ場から徒歩5分の場所にあるビーチでリラックスタイム。海のアクティビティを楽しむ人を眺めながら、幸せな休日を満喫する。

ビーチ×夕日は最高の被写体

ビーチでくつろいでいる間にすっかり夕暮れ。山に沈んでいく太陽、そして海とビーチとのコラボレーションは、まさにスペシャル!

いろいろな効果を付けて撮影できる“クリエイティブフィルター”を使って撮影すれば、日本とは思えない風景に変身!
※「極彩色」で撮影

夜の寒さに備えて焚き火の準備を

春も近いとは言えまだ2月。夜は冷え込むので、焚き火は必須。頂いた薪も使いやすい大きさにカット。何でも自分達でやるのがキャンプの醍醐味。

吉田シェフによるアクアパッツァが完成!

今回のキャンプをオーガナイズしてくれた吉田さん。お得意の地魚を使ったアクアパッツァでおもてなし。キャンプで金目鯛なんて、贅沢すぎる!

幻想的な空間でいつまでもおしゃべりを

美しい星空の下、焚き火を囲んで夕食を頂く。なんとも至福のひととき。ティピの中でも焚き火ができるのも最高!

キャンプで役に立つPowerShot S120の便利機能

タッチシャッター機能で
作業中もお手軽撮影

シャッターボタンを押す変わりに、画面をタッチするだけで被写体にピントと明るさを合わせて撮影できるので、テント設営時などの急がしい時間も撮りやすい

想い出は写真にも動画にも
同時に記録できる

静止画を撮影するだけで撮影直前の2~4秒の動画が記録される“プラスムービーオートモード”なら決定的チャンスの撮り逃しを防げるだけでなく、静止画⇔動画の切り替えをしなくても楽しい一日をまとめた短編動画だって作れる

今回訪れた所

南伊豆にある「ワンダフルワールド」。シーカヤックツアーを楽しめるショップとしても人気。敷地内ではキャンプサイト使用の他、ログハウス、トレーラーハウスに宿泊することができる。伊豆の美しい海を満喫できるシーカヤックツアーは一度体験してみる価値大!

今回お世話になったアウトドア コンセルジュの吉田豊さん。自身のティピテントやキャンプギアを持参し、快適なティピキャンプを体験させてくれた。衣食住、すべてをコーディネートしてくれる彼の活動を知りたい方は→http://www.facebook.com/JOIN.ODC/