撮影協力:平塚パイプライン http://scn-net.easymyweb.jp/member/pipeline/m

いつか見た大好きなバンドのプロモーションビデオのようにムービーを撮影してみたい。例えばボブ・ディランの『Subterranean Homesick Blues』のように路上で、あるいはエリック・クラプトンの『Tears In Heaven』のようにしっとりと、ジョン・レノンの『Imagine』のように幻想的に。まあ、そこまで作り込むことはできなくても、古きよきロックに浸れるような深みのあるPVが作れたら。 そんな想いで、今回PV撮影をお願いしたグループは、井口克彦さんと広瀬哲哉さんのユニット。湘南を愛するシンガーソングライター井口さんと、ブルースハープの広瀬さん。いっぱしの映像監督になったつもりで、演技指導なんかもしつつ、4テイクほど同曲をアンプラグドで演奏してもらった。

今回の講師 中澤 太さん
今回の講師 中澤 太さん
撮影/ディレクター。アーティストPV、ファッションフィルム、ドキュメンタリーなど幅広く映像を手がける
教えて!!
  • ポイズン雨宮

    普段からバイクに乗っている雨宮はヴィンテージモトクロスで映画『On Any Sunday』を目指す

  • モヒカン小川

    F1熱が再燃している小川はレーシングカートでF1のようなテールトゥノーズを再現したい

  • コボ田形

    昔、バンドをやっていた田形は頑張っている知り合いのバンドのカッコいいPVを作りたい

lightning編集部

PV撮影に必要なのは「クリエイティブ」!

中澤先生からのADVICE!

全体的にシネマルックフィルターの「ダイナミックモノクローム」を使用しトーンをモノクロに。小さなライブハウスが点在する多種多様な音楽が飛び交う街のイメージを演出

  • モノクロ撮影でノスタルジックに

    「ダイナミックモノクローム」はノスタルジックな雰囲気作りに効果的

  • ライブPVに高音質マイクは欠かせない!

    別売のマイクユニット『DM-100』を使い高音質でライブ感あるクリアな音を収録

  • 焦点を工夫し映像に奥行を演出

    ズームを最望遠にして手前の被写体をボカすことにより立体的な演出に

  • アザーカットは雰囲気作りの効果大

    自然に動くふたりのインサートカットを撮影。自由に動く被写体に対しハンドヘルドしやすいカメラの大きさ(機動力)が活きる

  • 街に繰り出してのオフショットも

    真っ暗な街中でネオンのライトを利用。最望遠にして佇むふたりを狙う

  • ブルーズと湘南をこよなく愛するシンガーソングライターの井口さん
    ブルーズと湘南をこよなく愛するシンガーソングライターの井口さんhttp://iguchi-music.
    jimdo.com
    普段は、ブルースハープの講師も務めるスペシャリスト広瀬さん
    普段は、ブルースハープの講師も務めるスペシャリスト広瀬さんhttp://hamonicafe.
    jimdo.com
レースの余韻に浸る彰台の撮影も忘れずに

今回の相棒

Canon iVIS HF G20
Canon iVIS HF G20

キヤノンプロ用シリーズの映像技術をコンパクトなボディに凝縮しつつも、誰もが簡単に使いこなせるような多彩なオート機能も充実。プロ用ビデオカメラ「XFシリーズ」と同じCMOSセンサーを搭載、ダイナミックレンジも広く暗いシーンでもキレイに撮れる。

詳しくはこちら
チェック バンドPVを撮るための必須アクセサリーDM-100
バンドPVを撮るための必須アクセサリーDM-100

希望小売価格2万2000円(税別)

PV撮影に欠かせないのが、高音質マイクユニットを採用したガンマイク/ステレオマイクロホン。指向特性の3段階切り替えが可能。狙った音をクリアに録音できる。

詳しくはこちら
ムービー撮影チャレンジ企画
  • ポイズン雨宮

    普段からバイクに乗っている雨宮はヴィンテージモトクロスで映画『On Any Sunday』を目指す

  • モヒカン小川

    F1熱が再燃している小川はレーシングカートでF1のようなテールトゥノーズを再現したい

  • コボ田形

    昔、バンドをやっていた田形は頑張っている知り合いのバンドのカッコいいPVを作りたい